食われノンケ

2021年11月23日

 俺、普通の男なんです。
ゲイじゃないんです。
だけど、思わず不満がこうじて食われノンケになってしまいました。
正直言えば、前カノより遥かにフェラのテクニックが上のゲイにしゃぶり尽くしてもらっている感じです。
本格的肉体関係がない、フェラだけの関係です。
次の彼女が出来るまで、ゲイのフェラのテクニックで快楽を味わい尽くしたいなんて思っちゃっているくらいです。
 不満が強かったのは、新しい出会いが訪れなかったからでした。
前カノとは関係がギクシャクしていたため、最終的に別れる決意をしました。
ちょっと安心した気分を味わったのもつかの間って感じです。
次に強烈な性欲が押し寄せてきちゃって、これどうするものか?って感じでした。
風俗は予算的にもちょっときつい。
それじゃセフレでもって気持ちで出会い系アプリに登録したんです。
 どうしても割り切り希望者が多くて、なかなかセフレ探すのが難しい状態だったときなんです。
食われノンケ募集をしている23歳の書き込みが目に入ってしまったんです。
フェラが得意、それ以外は求めないと書かれていました。
瞬間的に、フェラでいっぱい気持ちよくなりたいと脳内が埋め尽くされていく状態でした。
売り専のノンケ
 食われノンケを探していた相手に連絡を入れてみたのですが、メール交換に成功することになります。
「アナルセックスとかを求めてません。ただフェラを沢山させて欲しくて」
ハッキリ言ってイイ!てっ気持ちになってしまった自分でした。
見た感じが、ちょっと男の娘系。
悪くはない!
チンコも不満は強烈。
「ガチ、トイレフェラでやってくれる?」
「はい、奉仕します」
アポ決めた瞬間でした。
 可愛らしい顔立ちで、ちょっと化粧したり女装することで完全に女になれるような雰囲気のゲイでした。
会って直ぐ公衆トイレ、そしてフェラを開始してくれました。
ちょっと待てよ、前の彼女より断然上手じゃないか!
これが第一の感想でした。
そして舐めつづけられ、とろける快楽を全身で感じることになっていきました。
ゲイのフェラがこれほど強烈だなんて、初体験なんですから。
夢見るような気分で、彼の口の中に出してしまっていました!
フェラ友
ゲイサポ

© 2021 ファッションブログ。 Design by アシュリーエレガント
Powered by Webnode
無料でホームページを作成しよう!